×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

about

■Dark Blue New Sounds Orchestraについて
HPへのアクセスありがとうございます。

私たちDark Blue New Sounds Orchestraは、京都大学軽音楽部に所属するC軍(一軍)ビッグバンドとして活動しており、
「A列車で行こう」などで有名なDuke Ellington(デューク・エリントン)楽団の楽曲のみを演奏する、全国の学生バンドの中でも際立った特色を持つバンドです。

Duke Ellingtonは1920年頃からおよそ50年もの間、オーケストラリーダーとしてバンドを率いて活躍した人物です。
彼自身はピアニストで、ピアニストとしての音楽性ももちろん高いのですが、作曲家としても優れていて作曲数は3000曲を超えると言われています。
アレンジャーとしてはその才能が特に秀でていて、「バンドが私の楽器だ」という言葉に象徴されるように、バンドメンバーの個性・特性を把握してそれを最大限に活かす編曲をするのが特徴です。
そのためエリントン楽団のサウンドは理論では説明できないような魅力で心に直接うったえかけてきます。
ジャズの域を超えた広い独自の音楽観も大きな魅力の一つです。
彼以上に自分の音楽を追求できた人はおそらくいないのではないでしょうか。

今年のダークも、エリントンサウンドに魅了されたメンバーが集まりました。
エリントンの魅力を伝えるような演奏をするのはもちろんのこと、ただのコピーバンドでとどまらずに自分たちにしかできないことを追求していきます。
私たちとお客さんが一体となってライブの熱さ・濃さ・ライブ感をつくり、演奏を聴いてくださったお客さんが「自分もダークのメンバーと一緒に演奏したい!!」と思っていただけるようなバンドでありたいと思います。

■活動
毎年1月頃、主に京大軽音JAZZ系内からコンマスによってメンバーが選抜され、12月の定期演奏会まで1年間活動します。
ライブは学内外合わせて年20本程度。他大学との合同ライブをしたり、大阪や東京まで遠征して演奏を行うこともあります!
大学ビッグバンドの甲子園ともいえる、山野楽器主催のYAMANO BIG BAND JAZZ CONTESTへの出場も重要な活動の一環としています。

通常のライブだけでなく、結婚式など各種式典での演奏実績もあります。
フットワークは軽いですので演奏依頼はお気軽にどうぞ!
今後ともDark Blue New Sounds Orchestraをよろしくお願いします!

■メンバー
1st alto saxphone
2nd tenor saxphone
3rd alto saxphone
4th tenor saxphone
5th baritone saxphone

1st trombone
2nd trombone
3rd trombone

1st trumpet
2nd trumpet
3rd trumpet
4th trumpet

Drum
Wood base
Piano

support

■連絡先
>>Pacific.Ds74@gmail.com

BSSはこちら!